ヒップホップとは

ヒップホップは、

ニューヨークの

黒人たちが生み出した


ラップや音楽、

ダンスなど

すべて含めた


文化の総称

として使われる

言葉

でもあります。



ダンススタイル

としての

ヒップホップは


その黒人たちの

雰囲気や


スタイルに

のっとっていれば


「これでなくては

いけない」


といったような

決まりがないという

ことが特徴です。



ラップや

うねるような

リズムが特徴の


ヒップホップ・

ミュージック

にノリながら


ジャズ、タップ、

バレエ、レゲエや

民族舞踊など、


様々な

ダンスの要素が

取り入れられ

踊られます。



その時代の流行や

音楽にあわせて

踊られるので


年代によって

スタイルが変化していく

ことも

特徴のひとつです。



【関連する動画】






クラブとは

クラブとは、

両足のカカトと

つま先を


ハの字のよう

にして


移動していく

ステップです。



カニを

イメージした

ステップ

ということから


クラブと

言われています。



初めの一歩が

外股になる

(逆ハの字)

バージョンと、


内股になる

(ハの字)

2つのバージョン

があります。



<クラブの詳細>


1.自然に立つ

  (0)



2.ダウンビートの

  リズムを

  とりながら


  右足は

  かかとを軸に


  つま先を浮かせ

  右に開き



  左足は

  つま先を軸に

  かかとを浮かせ


  両足で

  「ハの字」に

  なるように


  左足のかかとを

  右足と


  同じ方向(右)に

  開く

  (1)



3.次は逆の「ハの字」


  ダウンビートの

  リズムを

  とりながら


  左足はかかと

  を軸に


  つま先を浮かせ

  左に開き


  右足は

  つま先を軸に

  かかとを浮かせ


  さっきとは

  「逆のハの字」に

  なるように


  右足のかかとを

  左足と


  同じ方向(左)に

  開く

  (&)



4.2〜3を繰り返し

  横に移動していく



【関連する動画】






バタフライとは

バタフライとは、

蝶(バタフライ)が

舞う姿を


イメージした

ステップです。



ヒップホップで

よく使われる

ステップ

のひとつです。



つま先で立ち

脚を開いた状態で


膝を中心に

内側に巻き込む、


もしくは

外側に回し、


開きながら

リズムを取ります。



<バタフライの詳細>


1.肩幅より

  少し広めに

  足を開いて

  立つ


  両足のつま先は

  すこし

  外側に向ける

  (0)



2.かかとを

  上げながら


  ひざを

  外側に開くように

  曲げる


  蝶々が

  羽をひろげた

  イメージ

  (1)



3.両ひざを

  内側に入れる


  内側に入れたら

  かかとも下ろす


  蝶々が

  羽を閉じる

  イメージ

  (&)



4.再度かかとを

  上げながら


  ひざを

  外側に開くように

  曲げる


  蝶々が

  羽をひろげた

  イメージ

  (2)



5.両ひざを

  内側に入れる


  内側に入れたら

  かかとも下ろす


  蝶々が

  羽を閉じる

  イメージ



6.2〜5を繰り返し

  蝶々

  (バタフライ)が

  飛んでいる動き

  を表現する



【関連する動画】





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。