ポッピングとは

ポッピングは、

1972年ごろ、


アメリカ西海岸

にある


フレズノという

地域に住む


ブーガルー・サム

という黒人によって


始められた

ダンススタイルです。



筋肉を

緊張させたり

緩めたり、


体を

流れるようにして

回したり、


また、パントマイム

のように


不思議な動きを

表現したりします。



筋肉を

弾く(Pop)ように

見せることから


ポッピング

(Popping)と

呼ばれるように

なりました。



考案者の

ブーガルー・サムは


実弟の

ポッピン・ピート

を含めた


ファミリーを

中心に


「エレクトリック・

ブーガルーズ」

という

ダンスグループ

を結成し、


フレズノや

ウォークアウトなど


様々な

ステップを

生み出して

いきます。



特に、

マイケル・

ジャクソンが


「ビリージーン」

という楽曲の

初公開シーンで

披露した


「ムーン・ウォーク

(正しくは

バック・スライド)」

についても



本当かどうかは

定かではないですが


ブーガルーが

マイケルに教えた技の

ひとつだそうです。



マイケル・ジャクソン

については


ミュージック

ビデオや


ライブパフォーマンス

など


あらゆるシーンで

ポッピングの

スタイルを取り入れ


ポッピングの

普及に貢献した


1番の立役者とも

いわれています。



また、映画に関する

情報としては


1984年に

公開された

『ブレイクダンス』で


ブーガルーズの

ポッピン・ピートと


ポッピン・タコが

ダンスバトルの

敵役として出演し


ポッピングの

スタイルを披露して

くれています。



最近では、

ポッピングの

なかでも


エレクトリック・

ブーガルーズによって


編み出された

ステップなどを

中心に踊る

ダンススタイルを


ブーガルー、

もしくは

ブガルーイング

と呼び、



ロボットや

スローモーション

など


不思議な動きを

見せることを

中心にしている

ダンススタイルを


アニメーション

と呼び


両者を区別する

ことも


多くなってきて

います。



【関連する動画】



ブーガルーとは

ブーガルー

とは、


エレクトリック・

ブーガルーズ

という


ダンスグループが

編み出した


ストリートダンスの

ダンス・スタイル

のひとつです。



ブガルーイングと

言われることも

あります。



現在では、

ポッピングの

一部として


捉えられていること

が多いです。



音を「点」で

取ることが多い

ポップや


アニメーション

に比べて、



首、胸、腰を

ロールさせるなど、


ダンスの動きで

メロディを

見せるような


音を「線」で取る

ソウルダンスの


ニュアンスも

含まれていることが

特徴です。



【関連する動画】




ポップとは

ポップとは、

音に合わせて


瞬間的に

筋肉を収縮させる


動きのことを

いいます。



ポッピングの

基本的な動きで


身体の様々な部位で

弾くことが

できるようにすること

が大切です。



例えば、


前腕、上腕、首、

胸筋、

胸(胸筋とは別に)、


みぞおち、背筋、

腰周辺部、

太ももの前面、


太ももの

背面などです



ポップのことを

「ヒット(hit)する」

と言ったり


ただ単に

「打つ」「弾く」

と言うことも

あります。



また、ポップを

2回連続で

打つこともあり


その場合

2ポップと

いったりもします。



【関連する動画】


ポップ(腕)




ポップ(足)



ポップ(首)





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。