ロールアップ/ロールダウン

ロールとは、

「巻き上げる動作」

全般の

ことをいいます。



首だけ、また

体全体を


巻き上げることが

あります。



体全体を

巻き上げることを


「ロール・アップ」、


逆に、巻くように

前屈することを


「ロール・ダウン」

といいます。



ロール・アップ、

ロール・ダウンは


ダンスの

ウォーミング・アップ

として


使われることが

多いです。



【関連する動画】



ルーティーンとは

ルーティーン

とは


基本的な

ステップや、


フリースタイル

のステップを

組み合わせた


一連の動き

振り付けのことを

いいます。



また、

ショータイムの時、

ソロではなく


2人以上で踊る

パートを、


ルーティンと

いうことがあります。



ルーティーン

という

言葉自体には


「繰り返されるもの、

決められた方法」


という意味が

あります。

オールドスクールとは

オールドスクールは、

1970〜80年代に

生まれた


ロッキング、

ワッキング、

ブレイキング、

ポッピング

などの


ダンス全般のこと

を指します。



速めのビート

に合わせ


大きなステップを

踏むことが特徴です。



また、リズム取りは

どちらかというと


重心を上に

放り投げることを

意識する


アップをメインとして

踊ることが多いです。



【関連する動画】






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。