ハンド・ウェーブとは

ハンド・ウェーブは

手や腕の関節を

細かく動かして


波を表現する

動きです。



一見すると、

決まった動き

などはなくて


感覚的に

動かしているように

見えますが、


実際には、

関節を

順番どおりに

動かし、


それをスムーズに

つなげて

表現しています。



まずは、

ひとつひとつ

の動き、


どこで波の山を

作っているのかを

しっかり

覚えてから


それを

本当に波立たせる

ような

イメージを持って


滑らかに

できるよう

練習すると

よいです。



<ハンド・ウェーブの詳細>


1.片方の腕(右腕)を

  肩の高さまで

  上げた状態にする(0)



2.右指の

  第二関節を曲げる

  (1)



3.右指の

  第三関節を曲げる

  (&)



4.指を伸ばし、


  手のひらと腕で

  波の山をつくるように

  手首を曲げる

  (2)



5.手のひらを

  真下に向け


  ひじで波の山を

  作るように曲げる

  (&)



6.手のひらと

  腕が直線になるよう

  にして


  右肩を

  山の頂点となるように

  肩を上げる

  (3)



7.右肩を下ろし、

  左肩を上げる


  波の山は

  左肩に移る

  (4)



8.左肩を下ろし


  左ひじを

  波の山を作るよう

  に上げる

  (&)



9.指を伸ばし、

  手のひらと腕で波の山を

  つくるように

  左手首を曲げる

  (5)



10.左指の

  第三関節を曲げる

  (&)



11.左指の

  第二関節を曲げる

  (6)



12.指を

  まっすぐに伸ばす

  (&)



【関連する動画】





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。